特集・コラム

特集・コラム

夏のおしゃれアイテム 浴衣&着物で京都散策! ~2022年 京都の人気スポットとおすすめコーディネート~

夏のおしゃれアイテム 浴衣&着物で京都散策! ~2022年 京都の人気スポットとおすすめコーディネート~

「夏の着物は浴衣だけ」と思っていませんか?
確かに夏と言えば浴衣で夏祭りを楽しむカップルの姿や、美味しそうにビールを飲む浴衣姿の女性をドラマやCMで見ることが多いですね。実際に夏は浴衣でお出かけされる方が多いと思いますが…。
 
実は夏に着る着物は浴衣だけではないんです!今回は夏の着物の種類と2022年夏におすすめのコーディネートを京都の人気スポット別にご紹介させていただきます。

◆浴衣だけじゃない!夏の着物の種類

 夏に着る着物は、「単衣(ひとえ)」「薄物(うすもの)」「浴衣」の3つがあります。着る時期はおおまかに次のように分けられています。
浴衣-6月~9月
単衣-6月と9月
薄物-7月~8月
ただしこの分け方は昔からのもので、暑い時期が長くなった現代では合わなくなってきています。
では、ひとつずつご説明いたします。

「浴衣」~夏祭りの定番!~

浴衣は少し前までは7月と8月の真夏に着ていましたが、暑い時期が長くなったため、5月下旬~6月の暑い日も着られるようになっています。
また、10月には着物のように浴衣の下に長襦袢を着て『秋浴衣』を楽しむ方も増えています。
 
浴衣は綿やポリエステルのものが多く、汗をかいても家で手軽に洗濯ができるので暑い夏でも気軽に着られます。
夏祭りや花火大会など夏のイベントのおしゃれアイテムとして、たくさんの方が浴衣を楽しまれています。

「単衣」

 単衣は裏地をつけずに仕立てた透けない着物です。
単衣を着る時期は6月と9月の季節と季節の境目とされています。
最近は温暖化の影響で気温が高くなっているので、5月や10月でも単衣を着る方が増えています。
単衣の着物は初夏と初秋で同じものを着られますが、帯や小物で変化をつけたり、色や柄で季節感を出したりして楽しめます。

「薄物」~透け感で見た目も涼しく~

 一年で最も暑い7月と8月に着ます。
裏地をつけずに仕立てるところは単衣と同じですが、単衣よりも薄く透け感のある生地で仕立てる着物です。
着用すると長襦袢の色味が透けて見え、見た目にも涼しさを感じられます。

薄物の着物に使われる生地の代表的なものに「絽」と「紗」があります。
 
絽は留袖や訪問着に使われることが多く、主にフォーマルな場面で着ます。着る時期は、6月下旬から9月上旬までが一般的です。
 
紗はカジュアルからセミフォーマルな場面で着ます。絽よりも格が低いためフォーマルな場面には合いません。紗は絽よりも透け感と通気性が高いので、7月と8月の真夏だけに着るのが一般的です。

◆夏着物と浴衣は何が違う?

 浴衣と夏着物は裏地がないことや着る時期が同じですが、何が違うのでしょうか?
大きな違いは「生地」「着付け方法」「着用シーン」の3つです。

1.生地

夏着物-絹・ポリエステル等
浴衣-綿や綿と麻の混合、ポリエステル

2.着付け方法

【襦袢】
着物は肌着の上に襦袢を着てから着物を着ます。
浴衣は肌着の上に直接浴衣を着ます。襦袢は不要です。

【履物】
着物は足袋を履いた上に草履を履きますが、浴衣は素足に下駄を履きます

3.着用シーン

【浴衣】
浴衣は、夏祭りや花火大会などの夏のイベントに着ることが多いですね。
その他にもカジュアルなレストランやカフェでのランチも浴衣で大丈夫です♪ビアガーデンも浴衣で行くと夏の雰囲気が出てより楽しめそうですね。
浴衣は、洋服だとTシャツにジーンズみたいなもので、着物の中でもカジュアル着とされていますので、カジュアルなシーンだけに着用します。
 
【夏着物】
夏の結婚式や式典・正式なお茶会などのフォーマルなシーンでは、夏の正装着である絽の訪問着を着用します。

ホテルのレストランや舞台の観劇・クラッシックコンサート・美術館などには、絽や紗の夏着物を着用します。
着物の格によって、カジュアル~フォーマルなシーンまで着用できます。

◆人気スポット別 おすすめコーディネート♪

 ここからは夏の京都人気スポットに着て行きたいこの夏おすすめの夏着物コーディネートをご紹介いたします♪

人気スポット①-鴨川の納涼床 「粋で大人っぽい夏着物コーディネート」

2022年も5月より京都の夏の風物詩「納涼床」の営業が始まっています。水辺の涼しい風を感じながら夏ならではのお食事を楽しめます♪
おすすめは鴨川の納涼床です!
鴨川を背景に写真を撮っていただけるのでとっても映えます。7月・8月の京都は非常に暑くなってまいりますので、少し日が傾いて涼しくなった時間にディナーはいかがでしょうか?鴨川の納涼床では京料理はもちろん、フレンチやイタリアン、中華料理を楽しむことができます。
 
納涼床には粋で大人っぽい夏着物のコーディネートがおすすめです(^^♪

  

人気スポット②-嵐山 竹林の小径 「レースと兵児帯で大人かわい夏着物コーディネート」

 嵐山の竹林の小径も人気スポットの一つで、「京都の人気観光スポット トップ10」「京都のインスタ映えスポットトップ10」の中でも注目のスポットです。
野宮神社から天龍寺の北側を通って、大河内山荘庭園までの400mほどの道のりで、手入れされた竹林が両側に続きます。
 
おすすめはメインコースとは別の「竹林の散策路」で、広い空間にゆったりとした道幅の散策路がはりめぐらされています。こちらは観光客も少ない穴場で絶好のフォトスポットです。竹林の中は涼しいので素敵な写真がたくさん撮れます♪
竹林を人力車で通り抜けるコースもあるそうです。竹林の径を夏着物で人力車に乗る姿を想像するだけでテンションがあがりませんか?
 
映えスポットの竹林の小径には、当店で人気の「DECOCOプラン」で大人かわいい夏着物コーデがおすすめです(^^♪

  

人気スポット③-南禅寺 赤レンガの水路閣 「夏もみじの緑と赤レンガに映える浴衣コーデ」

紅葉の名所として有名な南禅寺ですが、夏の青もみじもとても綺麗なんです。それと意外に知られていない放生池の蓮の花も美しくておすすめです。そして南禅寺境内にある赤レンガ造りのアーチ型水路橋の「水路閣」は南禅寺の名所の一つとして、人気フォトスポットとなっています。今の季節、水路閣の赤レンガと青もみじの緑の対比が見事なので是非とも訪れていただきたいです。
 
夏もみじの緑と赤レンガに映える夏らしい浴衣コーデがおすすめです。

  

人気スポット④-京都水族館 「水中にいるような涼しげな夏着物コーデ」

 やっぱり暑いのは苦手だという方におすすめなのが京都水族館です。
古都京都の町を背景に見るイルカのパフォーマンスは一味違います。ナイトパフォーマンスもあり、光の演出がとてもファンタジックです。クラゲワンダーにあるパノラマ大水槽「GURURI」では、360度、約1500匹のミズクラゲに囲まれている感覚を味わうことができます。水槽はさまざまな色のライトで照らされていて、フォトジェニックなスポットになっています。
 
水中にいるような涼しげな夏着物コーデでのんびりされてはいかがでしょうか?


京都水族館
URL https://www.kyoto-aquarium.com/index.html
京都市下京区観喜寺町35-1(梅野小路公園内)
TEL 075-354-3130
七条大宮・京都水族館前より徒歩6分

 今回ご紹介した夏の京都人気スポットへは、レンタル着物岡本の店舗から徒歩またはバス・電車などで行くことができます。
この夏京都観光を予定されている方、まだ夏の予定が決まっていない方、夏着物や浴衣で人気スポットへお出かけしませんか?きっと楽しくて素敵な夏の思い出がたくさんできます!!
 
レンタル着物岡本ではたくさんの夏着物や帯、小物などからお好きなものを選んでいただき、お客様だけのオリジナルコーディネートでお出かけいただけます♪もちろん浴衣もたくさんご用意しております!!
スタッフ一同、お客様の夏の思い出づくりのお手伝いをさせていただきたく心よりお待ちしております。


京都ならではの思い出づくりに、レンタル着物岡本で着物や浴衣をお召しになり散策してみてはいかがでしょうか?  


【この記事の著者】
レンタル着物岡本 清水寺店
〒605-0862 京都市東山区清水2丁目237-1-1
TEL: 075-525-7115
HP: www.okamoto-kimono.com
Instagram: rentalkimonookamoto

店舗紹介

レンタルきもの岡本 京都駅西店

レンタルきもの岡本 京都駅西店

〒600-8842 京都府京都市下京区朱雀堂ノ口町20-4 ホテルエミオン内2F
電話 075-950-0805 / FAX 075-950-0806
E-mail kyotowest@okamoto-kimono.com
最寄り停留所:市バス 清水道 停留所前

店舗紹介

レンタルきもの岡本 八坂神社店

レンタルきもの岡本 八坂神社店

〒605-0073 京都市東山区祇園町301-1
電話 075-532-0510 / FAX 075-532-0511
E-mail yasakajinja@okamoto-kimono.com
最寄り停留所:市バス 祇園 停留所

店舗紹介

レンタルきもの岡本 清水寺店

レンタルきもの岡本 清水寺店

〒605-0862 京都市東山区清水2丁目237-1-1
電話 075-525-7115 / FAX 075-533-8960
E-mail kiyomizuzaka@okamoto-kimono.com
最寄り停留所:市バス 清水道 停留所前

店舗紹介

レンタルきもの岡本 祇園店

レンタルきもの岡本 祇園店

〒605-0072 京都市東山区鷲尾町523
電話 075-531-7890 / FAX 075-531-8383
E-mail gion@okamoto-kimono.com
最寄り停留所:市バス 祇園 停留所

記事カテゴリー紹介

京都についての様々な情報を掲載した記事をご覧頂けます。

京都についての様々な情報を掲載した記事をご覧頂けます。

京都に住む当店のスタッフが、京都に関する歴史や観光、地域情報など様々なことを掲載しています。京都の知識を深めて頂くことで、より観光をお楽しみ頂けると思います。

記事カテゴリー紹介

当店で発信している浴衣の記事をご覧いただけます。

当店で発信している浴衣の記事をご覧いただけます。

夏に着ると言えば浴衣!その浴衣についてのお話をコラムとして掲載しています。浴衣を着る機会がある方、または浴衣を着てみたい方、浴衣に興味がある方は、ぜひご覧ください。

記事カテゴリー紹介

当店や京都、着物にまつわる特集記事をご覧いただけます。

当店や京都、着物にまつわる特集記事をご覧いただけます。

正しい着物のコーディネートや、和装文化特有の常識、京都に関する豆知識や地域情報などをご紹介しています。観光に来られる際に知って頂いていると楽しめるような記事もありますので、京都遊びの前にぜひご覧ください。

記事カテゴリー紹介

当店で発信している着物の記事をご覧いただけます。

当店で発信している着物の記事をご覧いただけます。

着物の歴史、着物のマナーや常識など、様々な着物の特集を掲載いしています。知っていると安心できるコーディネート方法などもご案内していますのでご覧いただいていると着物でのお出かけが少し楽しくなるかもしれません。